メニュー 閉じる

五輪書から学ぶ安全管理の極意

五輪書は、宮本武蔵が1643年から1645年にかけて熊本県の金峰山にある霊巌洞にて執筆した兵法書です。

安全管理においては、多くの書物、セミナーなどあると思いますが、五輪書を基本としての安全管理はないと思います。

安全の原点、作業所長の“感性”を磨きます。労災事故は、撲滅することは可能です。

一度、ご相談下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA