メニュー 閉じる

建築事業

The power of architecture.

1.受注支援

2.空間デザイン提案

3.サテライトオフィス提案

4.売上・利益・販管費の予実績管理支援

5.経営者サポート

6.作業所長のための安全教育

1.“勝てる見積書”
受注支援

企業にとっての最大の課題は、安定受注の確保です。 その第一歩が“勝てる価格です。 自社では、なかなか受注が厳しい案件について、 共同で見積りを作成します。 原価圧縮、工程検討、仮設検討、VE検討、経費検討などを総合的に検討して勝てる見積書を作成します。


◆費用について

 ・受注した場合は、工事金額の3%(消費税別)にてお願いします。
 
 ・失注した場合については、費用は無料です。

 ・詳しくは、お尋ね下さい。

2.空間デザイン
提案

DESIGN

3.サテライト
オフィス提案
 
新しい働き方の実現

satellite office

 

カノンファースト. が提案するサテライトオフィスは、

借り手からのオーダーメイドです。

企業者のニーズ(目的・予算・立地)をお聞きして

個別の対応をします。

 

 

◆提案書で費用対効果をご確認下さい。

1.固定費の削減(賃貸面積の縮床、通勤費の削減、他)

2.社員の働き方支援(育児、介護)

3.生産性の向上(労働時間から成果主義への移行)

4.災害時での応急対応(感染症、自然災害、他)

5.自社のオフィスですのでセキュリティも安全です。

6.個別コストシュミレーションを作成します。

 ・販管費については、20~30%の削減を目標とします。

 ・イニシャルコスト:現拠点の賃貸面積を1/2とします。

 

 

CanonMethod

4.損益管理(P/L)と受注の予実績管理
  を融合させたCanonMethod

CanonMethod

損益管理(P/L)と受注の予実績管理を融合させての管理手法。

・重要顧客別の年間売上、利益予想

・販管費の予実績管理⇒営業利益予想

・営業外損益の予実績管理⇒経常利益予想

期首に作成して年間の定常管理についてもサポート

費用について

・資料作成費:¥100,000円~

・毎月の定常管理:¥50,000円~

CanonMethod 2021JPG
建設業経営者の皆様へ

5.経営者サポート

新規事業計画

1.収益源の多様化

2.シナジー効果

3.付加価値の追求

4.社会的価値

5.ポートフォリオ

 

業務改革

1.勝ち残る組織を目指して

2.人材のダイバーシティ

3.働き方改革との一体化

4.業務改革

M&A・事業継承

業務改革は、業務改善とは違います。

業務改善とは文字通り、課題を発見して効率化に繋げる活動を意味します。

これに対して業務改革(BPR)は、既存のスキムを破壊して新たにシステムを構築します。

◆業務改革フロー

①課題の経緯、現状分析

②経営者、社員へのヒアリング

③共通のゴールの設定(数値化)

④提案作成→プレゼン→準備

⑤スモールスタート(試験導入)

⑥効果の検証、改善点の修正、提案、実行

⑦次のBPRの取組み

※費用については、ご相談下さい。

経営者は、孤独だと思います。

当然の事だと思いますが、
いいアイデアは、
いろいろな会話の中から閃くのも事実です。

CanonFirstは、
ゆっくりと時間を掛けて、
経営者の方々の
課題を聞く事から始めます。

そして一緒に考えていきたいと思います。

働き方改革で社員の意識は変わりましたが、
経営者は子君奮闘するのも事実です。


建設業界に40年おります。

お役に立てる事が、あるかも知れません。

マスターズで優勝した松山英樹さんもコーチを付けた事で、優勝に繋がりました。

勝つパートナーとして貢献したいと思います。

CanonFirstの事務所でお待ちしてます。

7.作業所長のための安全教育

建設災害は、防ぐことは可能です。

しかしなぜ減らないのでしょうか?

マニュアルの不備?経験不足?

確実に事故を減らすためにCanonFirstは、

作業所長に特化した安全教育を実施しています。

“感性”とは?

これまで事故対策には、マニュアルや手順書の作成、安全パトロールの充実、協力会社の教育、様々な事が行われてきました。

CanonFirstでは、独自に作業所長に焦点を当てた教育を行っています。一言でいえば、“感性”を磨くという教育を行います。

そのために多人数での講義でなく、少人数のセミナー形式で行っています。

一度、ご相談ください。

3H21KUXVT4.jpg



お問合せ