代表者挨拶 感謝と共に

Try  Something  New/CanonFirst

2018年10月にCanonFirstを設立して、お陰様で1年半となりました。

現在は、IoTが普及しAIが導入されての第4次産業革命と言われています。

しかし今年に入り、新型ウイルスが世界に拡大感染していく現実は、大変な悲しみです。人々が在宅ワークで仕事をすることが、これからの仕事のスタイルを多様化する事に繋がったとも言えますが、その代償は大きなものです。

音楽は、こころの栄養剤です。希望を与えます。そこで自分は、建築事業に音楽事業も加えて起業しました。一言でいえば、感動を伝える目的です。

昨年の11月に開催した銀座ヤマハホールのアンコールは、私の大好きなカーペンターズの“青春の輝き”でした。

演奏家から主催者として紹介されて客席から立上り、観客の拍手に迎えられました。曲が終わった時は涙が止まりませんでした。言葉にならない感動、それは感動の先には涙がある、と実感しました。

建築は、空間のアートですが、音楽は時間のアートです。

今後、第5次、第6次産業革命となっても、想定外の事は必ず起こります。けれども建築はいつでも生活と産業の基盤です。

人々が安心して暮らせる空間、全ての外的要因から人間を守ってくれる空間、それを造るのが建築の使命です。

そしていい空間には、安らぎと共に音楽(喜び)があり笑顔があります。

建設業界に40年おります。これまでいろいろな方々と出会い、その方の大切な資産である建築について、一緒に考え取組んできました。

その後も長いお付き合いが出来る方が数多くいる事が、自分の財産だと思っております。また建築で一緒に仕事をした方は、コンサート会場にも足を運んで頂けました。

建築も人間と同じように呼吸をしています。人間が老いる様に建築も劣化すれば風邪もひきます、けれども機能を別とすれば、建築は永遠に存在します。

エジプトのピラミッド、ギリシャ神殿、日本の法隆寺など、それを人間は造ってきました。偉大な業績です。その建築と私たちは、日々共存しています。

CanonFirstは、混沌とした現在でも、揺らぐことなく建築と音楽を通して“喜び”と“感動”を提供して貢献していきたいと思います。

何かありましたら、ご相談頂ければと思います。

(補足)MicrosoftのTeamsを使用してのテレワーク相談も可能です。

2020年05月19日

杉田裕保

経歴

  • 芝浦工業大学 大学院 建設工学専攻 修了
  • ㈱間組入社:福岡支店、仙台支店、東京支店勤務
  • 所長実績:国土交通省、三井不動産㈱、他
  • 大成㈱ 営業本部 常務執行役員 2020.3/31退職
  • ㈱カノンファースト 2018.10/01設立

資格

  1. 一級建築士
  2. 一級建築施工管理技士
  3. 宅地建物取引士
  4. 2級小型船舶操縦士

お問い合わせ

  1. お問い合わせは、メールにてお願いします。
  2. 営業範囲は首都圏ですが、地方の場合はご相談になります。

所長実績:ハザマ勤務時代、産業技術総合研究所 臨海副都心センター

  • 2001年3月竣工
  • 所在地:江東区青海
  • 設計・監理:国土交通省関東地方整備局、日本設計
  • 施工(2工区):ハザマ・住友建設JV